浅い細かいしわは、乾燥が原因

顔にできるしわは、老けて見えるので出来るだけなくしたいのが本音ですよね。しわにはいろいろな種類があり、取るべき対策も違います。まずは自分のしわがどの種類かしりましょう。顔の表面に細かく浮き出る浅いしわは、ちりめんじわと呼ばれるもの。別名乾燥じわとも呼ばれています。年をることで肌の保湿力が低下してできるしわで、肌の一番外側にある表皮の、更に一番外側にある角層にできたしわです。ちりめんじわは肌の乾燥をいかに防ぐかが勝負。保湿ケアをしっかりと行うことが肝心です。

笑ったときのしわが戻らないのは、表情じわのサイン

笑ったときの目尻や、驚いて目を見開いたときの額など、表情が変わると顔にはしわが現れます。普通なら表情を戻せばしわは消えるのですが、加齢によってしわの癖がついてしまうこと、それが表情じわです。表情じわが現れるのは、肌の形状記憶力が低下しているからです。形状記憶力は、肌の「表皮」と「皮下組織」の間にある「真皮」と呼ばれる層で、コラーゲンとエラスチンの結びつきが弱まることで低下します。紫外線に気を付けたり、しっかりとした睡眠をとることで、この2つをしっかりと働かせることがカギです。

コラーゲンに刻まれる真皮じわとは?

表情じわが深刻化すると出てくるのが、真皮じわとよばれるものです。一般的に、しわと言えばこの真皮じわを指します。これは真皮層にあるコラーゲン繊維が弾力を失い、しわは徐々に深くなっていきます。コラーゲン繊維が硬くなる原因は、紫外線と加齢です。紫外線はコラーゲン繊維を硬くするだけではなく、コラーゲンを分解する酵素に作用し、コラーゲンの量そのものを減らしてしまうことも。結果として真皮が薄くなり、しわができやすくなるのです。真皮じわを改善するには、紫外線対策を行うと共に、化粧品でコラーゲンを強化する必要があります。

しわの治療法を賢く選ぶうえで、実績のある美容外科や皮膚科などの最新の成功事例をチェックすることが肝心です。