ニキビ跡って治せるの?

ニキビ跡は、ニキビの炎症で肌がダメージを受け、シミや傷跡となって残ってしまった状態です。せっかくニキビが治っても、跡が残ってしまうとコンプレックスになってしまいますよね。ニキビ跡を残さないためには、早めの対処が必要不可欠です。治りにくいといわれるニキビ跡ですが、自宅でできるセルフケアや最新医療によって改善することができます。ニキビ跡の種類によって治療法が異なりますので、症状に合わせた正しいケアをしていきましょう。

ニキビ跡の3つの種類

赤いニキビ跡は進行したニキビが炎症を起こし、ニキビが治っても赤みが残っている状態です。炎症でできた傷を治そうと、毛細血管が増生、拡張するため表面が赤く見えます。色素沈着が起こり、茶色くシミになるニキビ跡もあります。炎症後色素沈着と呼ばれ、赤みがある状態で日焼けし、メラニンが生成されたことが原因です。ニキビ跡で一番やっかいといわれるのがクレータータイプです。毛穴と周辺の皮膚組織が強い炎症によって破壊されたことが原因で起こります。

タイプ別ニキビ跡の改善法

赤みが残るニキビ跡には、美白効果と殺菌効果の高いビタミンC配合の化粧水でのスキンケアが効果的です。浸透性が高く、高濃度な製品がおすすめですよ。色素沈着タイプには古くなった角質を落としてくれるピーリングが効果的です。シミが濃い場合はクリニックでの医療ピーリングなどを試しても良いでしょう。ピーリング後はビタミンC誘導体の化粧品やビタミンCイオン導入などのケアをするとより高い効果が得られます。クレータータイプは残念ながらセルフケアでの改善は見込めません。美容クリニックでの医療レーザーやケミカルピーリング、コラーゲン注入などの治療が有効です。ホームピーリングも効果的ですが、やり過ぎには注意して下さいね。

ニキビが治った後には、大抵、ニキビ跡が残ってしまい、それには、大きく分けて3つのタイプ、赤みを帯びたもの、紫や茶色のシミ、クレーターのようなデコボコしたものなどに分けられます。